Google
 
Web お客様のドメイン名

2006年06月16日

知的生活の方法(1回目)

タイトル:知的生活の方法
著者:渡部昇一
出版社:講談社

この本を読んで、ここに書かれていることが、僕の理想とする生活だということに気がついた。僕の人生に大きな影響を与える1冊になるかも知れない。
内容が濃いので、何回かに分けて記事を書きます。
『 』内はこの本からの引用

知的なライフスタイルを貫くには、
ごまかしたりズルをしたり、またわかったふりをしていたのでは何事もはうまくいかない。
自分の過去を振り返ってみても、ごまかしやズルの気持ちがあったものは自分のモノにはなっていないように思う。また、本当はわからないのに、わかったふりをして、結局間違った方向に行ってしまうことが多々あった。わからないことは素直に、教えを乞う態度を身につける方が利口だと思う。
僕はブログの初心者で、最近、ブログの操作でいろいろ調べたりやってみたりしても、どうしてもわからないことがあった。「こんなこと聞いたら恥ずかしいかな」ってちょっと思ったけど、僕のブログに訪問してくれた人に聞いてみた。すると、ちゃんと教えてくれて、嬉しい思いもさせてもらって、結果もうまくいった。

『ごまかす、ズルをする、という精神ではじめたものは上達しないものだというのは鉄則であるように思う(P12)』
『知的正直というのは簡単に言えば、わからないものにわかったふりをしないということにつきる(P13)』


わかったつもりになることは大敵だ。
何事も、本当に自分のモノにしようと思うなら、理解できるまで調べるか、時間を節約したいなら人に聞くということを実践して、わかった気になってしまうことを追放しよう!・・・と自分に言い聞かせている。
このわかった気になってしまうというのは、一種の優越感を感じたいからだと思う。優越感というものは、知的成長にはあまり役立たないような気がする。
まったく同感な言葉だ。

『簡単にわかった気になることを怖れる気持ちというのは、知的な生活に入る時期にはほとんど不可欠なのではないかと思う。(P30)』

僕が心から望んでいるライフスタイルが表現されていた。定年を待たずとも、近い将来、必ずこの生活を手に入れる! それには、情報起業で成功することが不可欠だ。☆3倍売れるホームページの作り方!?
→詳しくはこちら。



『いっさいの義務から解放された状態で、次から次へと新刊を取り寄せて朝から読んでいられる定年後の人生が、いまでは待ち遠しいような気がするのだ。(P46)』

読んでみたい方はコチラ
 ↓
知的生活の方法
posted by 赤坂マスオ at 21:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

知的生活の方法 (講談社現代新書) 渡部昇一著
Excerpt: 渡部 昇一 知的生活の方法 本を読んだり物を書いたりする時間が、生活の中に大きな比重を占める。そんな生活を願い、実現させたいと思っている人が読めば..
Weblog: 新書書評ブログ
Tracked: 2007-07-31 16:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。