Google
 
Web お客様のドメイン名

2006年06月23日

能力開発100の方法

タイトル:能力開発100の方法

著者:鎌田勝
出版社:三笠書房

僕の好きな自己啓発系の本です。読むと元気が出ます。
『 』内はこの本からの引用

この本の中に、特に今の僕に言ってくれているようなところがあった。このブログを書くときにもっとも留意したいことだ。
『「本当に書きたいこと」を書けば人は必ず感動する
「良い文章」「上手な文章」を書こうとするのではなく、自分がほんとうに「書きたい文章」あるいは「言わねばならない─書かずにはいられない文章」を書いてみることである。(P130)』

他の人のブログもよく覗いてるが、文章の上手下手より、どれだけ文章に心がこもっているかが、不思議とわかる。そういう文章は、ついついじっくりと読んでしまうものだ。

ブログやメルマガを書くときの心得みたいなこともこの本の中に書いてあった。この本が出版されたのは1989年だから、その頃は当然、メルマガやブログ、そしてインターネットさえも存在していなかった。でも真理はいつの時代も生きるものかなと思った。
『人にうまく見せようとか、読んでもらおうという邪念を捨て去って、自分がほんとうに訴えたいことを、悩みも、苦しみも、わからないことも、うれしいことも素直に書いてみるといい。そうすると、一見支離滅裂、首尾一貫しないように見えても、全体として何を言わんとし、何を訴えようとするかがよくわかり、読む人に感銘をあたえるものである。(P131)』
「邪念を捨て去る」・・・このことに尽きると思う。思ったことを思い通りに、素直な心で書いていきたい。

ブログを書くときの心得その2みたいなことも書いてあった。著者はもしかしたら予言者?
『大学ノートを用意し、毎日各ページに文章を書いていく。これは日記のように自分のためだけに書く文章でなく、他人に読んでもらうつもりで書くのである。P145』
まさにブログのことを言っている。他人に読んでもらうために書く便利な道具が今目の前にある!

ブログを始めて、最初は「ちょっとしんどいし、恥ずかしいかな」と思っていたけど、今は記事を書くことが楽しい。
『毎日毎日欠かさずに50日続けると、見違えるように文章力が身につき、書くことが楽しくなり、自信がついてくる(P145)』
まだまだ修行は足りないけど、毎日続けていこうと思う。

ブログを続けていて思ったことだが、僕一人じゃないってこと。少しだけど見てくれている人がいる、コメントをくれる人がいる。そういう人たちと繋がっているとう実感が湧いてきている。
『相互啓発とは夢を追う勉強会であり、夢を実現化する創作の会なのである(P209)』
ネットをきっかけにして、志を同じくする仲間で相互啓発しあえたら、どんなにいいだろう。

僕はほんとうになにをやりたいのか・・・このことをじっくりと考えているうちに、だんだん見えてきたように思う。今こそ勇気を出して、思い切ってその夢に向かって行くべきときかもしれない。
『自分はほんとうに何をしたいのかを、自分に対して正直に問うことであろう。自分のやりたいことを貫くには、たいへんな勇気とエネルギーを必要とし、大きな障害をいくつも越えてゆかねばならない。
そこにこそ、やりがいと、生きがいが生まれてくるのである。(P219)』

いまのままでは、正確に言うと、一歩を踏み出す前のままでは、生きがいもやりがいも生まれてこないような気がする。

この本はまるで僕に進むべき道を指し示しているようだ。
『次元の低い利害に左右されることなく、自分の真にやりたいことに結びつく道を選ぶことである(P219)』
少なくとも、今の会社での業務を続けることは、自分の真にやりたいことに結びつく道でないことは明らかだ。だとすれば・・・

今、突然現在の職を失ってしまったことを考えてみよう。収入がまったく途絶えてしまったとしたら、家のローンも残っているし、さすがに生活はピンチになるだろう。だが、その気になればアルバイトでも何でもして、節約しながら何とか帳尻合わせだけはしつつ、在宅ビジネスの地盤を確実に固めていくことはできると確信している。もう既に、このブログで、最初の一歩は踏み出したのだから。
『もし、突然会社が倒産したり、クビにされたりしても、1〜2年は食べてゆるだけの貯えはできているか。どこでも採用してくれるだけの、あるいは自活できるだけの実力や専門を身につけているだろうか(P227)』
自分を信じることだけだ。有料ノウハウが僕を導いてくれるだろう。そのための貯えはある。あとは選択の問題だ。




















posted by 赤坂マスオ at 22:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご訪問ありがとうございました!マスオさんのブログを拝見させて頂き、やる気と勇気とエネルギーを頂けた感じです!
Posted by iku7878 at 2006年06月23日 23:25
コメントありがとうございました
わしのあまり読まないジャンルの本なのでとても興味深いです
また寄せていただきますね。
Posted by 活字中毒者 at 2006年06月24日 02:02
マスオさん、こんばんは☆
今日の本も、すごくいいなって思いました。
書きたいことを素直に書くって、簡単なようで本当は難しいのかもしれませんね。
知らず知らずのうちに、カッコつけちゃったり、こんなこと書いたら恥ずかしいかなって考えちゃったりとかしますもの。

本当に伝えたいことを、自分の言葉で伝える。
私も心がけていきたいです☆
Posted by ちゃこ at 2006年06月24日 02:34
コメントありがとうございます。ちょくちょく覗かせてもらいます。本好きは同じですね。トラックバックのやり方がよく分からないもので…^_^;
Posted by 伊達 酔狂 at 2006年06月24日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19741205

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。